朝キャバ勤務で毎日遊べます。

5

今回お話するのは朝キャバの魅力についてと、朝キャバで働いてる方には共感を持ってもらえるような記事です。

夜のキャバクラとは少し違ったところが多くメリット、デメリットが人によって大きく変わってきます。

朝キャバとは?

55

ここ数年では、朝から営業している朝キャバ、昼から営業している昼キャバが増えてきています。

都心部で増加しているの一般的のキャバクラのイメージは、夜に営業されているものであり、キャバ嬢は夜の仕事というイメージがあると思います。

ですがはもちろんですが、地方でも少しずつ増えてきています。

どの時間帯でも基本的には夜のキャバクラとサービス内容が変わらないため、お酒を提供しており、キャバ嬢が席について接客するシステムになっています。

朝キャバや、昼キャバにも寄ると同じく同伴やアフターなどのシステムもあります。

営業時間について

時間の通り早朝から営業となります。

朝キャバと夜キャバは経営者が違うところでも、同じ箱で営業しているお店もよくあります。

その場合朝キャバが終わるのが夜キャバのオープンの1時間前などの話もあります。

逆に夜キャバが終わって締め作業をしてから1時間後に朝キャバをオープンするお店もあります。

 

朝キャバで働いてる人の特徴とは?

2323
朝キャバは、夜の時間帯に働けない方が多く働いています。

理由としては、シングルマザーなどであれば、子供が学校に通っている朝から夕方の間に、朝キャバや昼キャバで働くことができます。

子供が出来て小さい頃に夜に家を空けることは難しいです。

朝からお昼すぎくらいまで親に預けて働くことができます。

お昼は自由時間!

また一般の生活活動時間を守りたいという声もあります。

夜は寝てお昼は起きていたいと言う意見も多く聞きます。

朝から働くことで終わったあとの時間を自分の時間に使えます。

夜キャバの場合で営業時間が長いお店だと、勤務が終わって朝方帰ります。

もちろん水商売は疲労感も多いので帰ってきてから寝ないで行動は難しいです。

家に帰ってから寝て、起きてるのが遅いと出勤時間まで半端な時間しかないため

何も出来ずの生活が続いてしまいます。

夜キャバクラで働いてる人の場合、勤務が終わってから飲食店やショッピングセンターに行こうとしてもほとんどが閉店しています。

朝キャバの場合だとおおよそ終わる時間がお昼ぐらいになるので周りとの時間も合わせることも可能です。

もちろんショッピングや飲食店も営業してる時間なので毎日プライベートも充実させることが可能です。

夜キャバでは自分の自由な時間を作るのが難しいですが朝キャバでは可能です。

自分の興味があるものや趣味などに多く時間を使いたい方はぴったりです。

派遣でも朝キャバはありますか?

派遣では夜キャバはもちろんのこと、朝キャバの募集も掲載しております。

朝キャバ派遣のメリット、デメリット

2
働く時間はどれくらいですか?
在籍しているキャストさんの場合はお客様がいなくても、いつ混むか分からないので基本はや上がりをせずにラストまでの勤務なので時給だけで稼げます。

それに比べて派遣の場合だとお客様の集客や混み具合で勤務時間が変わってきます。

派遣はヘルプ扱いになってしまうためだいたいお客様がいるピーク時間が勤務になります。

ピーク時間が終わるとはや上がりになることが多いので時給だけで稼ぐのが難しくなるのが派遣のデメリットです。

ただ、朝キャバの場合は1件目で呑む人は少なく2件目以上の方がほとんどです。

酔っている状態で来店されるので財布が緩くドリンクバックで意外と稼げるのも魅力です。

派遣の募集

派遣には基本的に保証時間と言われるものがあるので、最低でもその時間分はお給料が保証されています。

お店に勤務する前から保証時間は記載があるので、勤務する前から最低限の手取り金額も分かるようになっています。

派遣は朝キャバも自由出勤!

キャバクラでは在籍をすることで固定の時給をお店から支払われる分、出勤日数や売上のノルマが付きます。

出勤日数や自分の売り上げ次第で時給が変動するお店もあります。

お客様の集客が読めない朝キャバで売上のノルマを超えるのはとても難しいものです。

それに比べ派遣では自分の希望日だけお店を選んで出勤をするのでもちろん出勤日数や売上のノルマはありません。

ノルマも無いので募集に書いてある時給が下がることもありません。

朝キャバのお客さんてどのような方がいますか?

depositphotos_79104842-stock-photo-brewer-and-woman-toasting-in
朝キャバにくるお客さんは同業(ボーイさんなど)の方や、夜キャバクラに行き呑み足りないなんて方が多いです。

既に飲んでる方が多くいらっしゃるので夜キャバに比べると少し騒がしい感じの方が多いです。

朝5:00に起きて朝キャバに行こう!と予定を立ててる人はとても少ないと思います。

同業の方に関しては、お店が終わるのが朝だったりするとその時間までやっている居酒屋なども少ないため、朝キャバに行くことが多いです。

 

朝キャバなら派遣で決まり!

1
朝キャバについて説明をしてきましたが、在籍と派遣でメリット、デメリットそれぞれあります。

自分がどのように朝キャバで働くかによって在籍の方が良いか、派遣の方が良いか変わってきます。

在籍になる場合最低の出勤日数やノルマがついてきますが、自分が頑張ったことに対してお店側はバックとして還元してくれます。

派遣の場合はバックが付くお店もありますが在籍ほど還元が良いものではありません。

ただ派遣の場合は自由出勤のため働きたい日だけ出勤になります。

自分の時間を多く持ちたい方や在籍みたいに縛られて働きたくない方には派遣の方がオススメになります。

今の自分は在籍か派遣でどちらの方が合っているのか分からないなんて方もお気軽にお問い合わせ下さい。

  • LINK
  • - OFFICIAL SITE -
  • キャバクラ紹介プロダクションJanEL
  • 全国いつでもどこでも!キャバクラ派遣のJewels
  • 全額費払い!キャバクラ・ホスト専門ヘアメイク派遣JOENN
  • - BLOG -
  • ジャネルブログ
  • ジョエンブログ