ママでも高収入紹介します!注意事項

123213213213213

不況続きの日本では子供がいても共働きの家族が多く見られます。

男性に比べて女性が出来る仕事の幅が少し狭くなっているのが現状です。

様々なお仕事が有りますが、中でもキャバクラは給料面でも働きやすさでもオススメです。

近年ではキャバクラやガールズバーなどの水商売が、世間的にも一般に馴染んできております。

水商売の経験があるか20代に調査してみたところ働く方が大変多くなって来ており、3人に1人の割合で経験があるとのことです。

家庭があってもキャバクラで働く方も大変多くいらっしゃいます。

キャバクラで働くにあたり注意点をまとめました。

生活リズムの崩壊

12456879989878989

キャバクラの営業時間はお店やエリアによっても変わりますが基本的には朝まで営業しているお店が多いです。

一般的なお昼の仕事と比べるとちょうど寝てる時間と起きている時間が逆になります。

子供がいる環境の場合、常に眠い状態で接することになってしまいます。

周りの人と行動時間がずれてしまうだけで大きな変化が身体にも現れます。

起きてる時間が世間とはずれてしまうので友人などに会おうとしても中々予定が立てづらいこともあるそうです。

これが続くと一人でいる時間がとても増えてしまいストレスや悩みが日々溜まっていってしまいます。

水商売では接客が主な仕事になるので嫌な思いをすることも多々あるでしょう。

そのような思いを吐いたりストレス発散の時間などを自分で時間を決めておくようにしましょう。

自分で時間の管理ができる方であれば問題はないと思います。

水商売で働く方は、自分の時間や休みなどをうまく使ってモチベーションなどの管理をします。

これができないといくら高収入でも継続して働くのはむずかしくなってします。

高収入で価値観崩壊

963214785

やはり働くからには高収入が欲しいものです。

収入が増えて行くほど生活の基準も上がって行く方がほとんどです。

水商売を始める前は興味がなかったブランド物なども手が届くようになりついつい買ってしまう方も多くいらっしゃいます。

高収入を貰っているからその分使っていては貯めることは難しいです。

人間の欲望は日々上がるものです。

最初は興味がなかったブランド物も1つ買ってからまた別のもの、という流れでどんどん欲が深くなります。

どの仕事でも同じですが、何にいくら使うかなど最低限決めたほうが良いです。

特に水商売では世間一般のお昼の仕事に比べるとお給料も高いので自分の欲の制御が必要です。

その他、旦那さんより給料が良いと男として辛いものです。

キャバクラで働いてる方の平均給料は月30万円ほどになります。

30万円となれば世間一般のサラリーマンの30歳前後の方の給料になります。

旦那として妻より稼ぐのは当たり前、むしろ妻に働かせてりうことを申し訳ないと思う方がほとんです。

そんな中で旦那さんより稼いでしまうと関係性は良くはならないでしょう。

自分の給料を低く相手に伝えるというのも良い家庭環境を継続するための方法でしょう。

旦那さんとの関係性

123456789

キャバクラにくるお客さんはほとんどが男性です。

目移りしてしまうのでは無いかなと不安に思ってしまうものです。

売上を作るためには営業をしなければいけないのでこまめな連絡なども必要です。

旦那さんからは目に見えないところで何をしているか分からないので当然不安になるものです。

そういった面で、不安を無くすには日々のコミュニケーションです。

旦那さんに変に思われないように働きやすい環境を作るのも自分次第です。

協力してくれるような関係性を作るのが1番だと思います。

ママ友の視線が痛い

987654321321

子供がいれば近所に住んでるママ同士で仲良くなるのは自然なことです。

ママ同士の集まりは基本的にはお昼頃が多いと思いますが、朝まで働いてからその時間まで起きているのはとてもしんどいと思います。

付き合いが悪くなってしまうだけで評判も悪くなってしまいます。

キャバクラで働いてることを隠しているママさんも多くいらっしゃると思います。

やはり子供がいるのに家を開けてしまうというのはあまり印象は良くないのかもしれません。

周りのママ友にも理解されるような関係を築いてから説明するのが良いでしょう。

キャバクラで働いてる方でこのような声もあるそうです。

水商売で働いてるので他のママさんに比べると美の意識が強いため子供たちの間では美人ママさんなどと言われることもあるそうです。

まとめ

654987

家庭がありながらキャバクラで働くのは良いことも悪いこともたくさんあります。

時間の違いや、周りからの視線など色々ありますが全ては家族のためにと思えば乗り越えることが可能だと思います。

水商売で働くにあたって自分の中でルールを決めておくのが良いでしょう。

例えば時間について、何時には必ず起きて行動するなど。

買い物に使うお金はいくらまでなど決めておけば悪い方向へはいかないでしょう。

キャバクラで働いてるキャストさんとの出会いもあるので、環境が同じママ同士だったりするとよき理解者にもなると思います。

無理はせず可能な範囲内で働きやすいお店を見つけることが大切です。