これでバッチリ!!キャバクラ面接持ち物

45654646

キャバクラで働くにはお昼のお仕事と同じく面接があります。

お店側も一人キャストを増やすにはリスクがあります。

それを見極めるのが面接です。

これからキャバクラを始めようと思っている方、お店を変えようか悩んでいる方。

これを見れば面接時の対応は完璧にこなせるでしょう。

面接時持ち物チェック

面接時の持ち物で、面接官の印象は大きく変わってくるものがあります。

今から説明する物は最低限持っていきましょう。

ハンカチ

12112112

ハンカチの利用方法は多数あります。

キャバクラで飲むお酒は居酒屋と違い氷が入っている飲みのもが多くなります。

そのためグラスに水滴が多くついてしまうため、それを拭くときになどに利用します。

また、キャバクラで着る衣装のほとんどは丈が短いものが多いので中のパンツが見えてしまうことがあります。

もちろん男性のお客様からしたら嬉しいことではありますが、あまり見えすぎていては下品になってしまいます。

男性というのは、簡単に見えてしまうものより見えそうで見えないものの方が興奮するものです。

そこで活躍するのがハンカチです。

スカートの上に乗せるだけで印象はとても変わるものです。

ハンカチでの営業方法

123

現役キャバ嬢から聞いた営業方法です。

お客様がお酒を一気飲みなどした後に口元を拭いてあげる行為は男性にとても刺激があるそうです。

※人によって効果は誤差があります。

ライター

12345

ライターはお客様のタバコに火をつける際に利用します。

お店によっては店名が入ったライターを指定で利用するお店もあります。

コンビニなどで売っているライターで基本的に問題ないお店が多いですが、容器が透けていて中の液体が見えてしまうものはあまり良くないです。

ライター自体が利用禁止でマッチのみ使用可能なお店もあります。

ライターに関しては持っていて当たり前と思っているお店も多いので持っていきましょう。

ボールペン

5656

ボールペンを使用する場面はお客様からの注文をメモしたりするときに使います。

ファミリーレストランとは違い、口頭で注文することはありません。

他にお客様の趣味や特技などをメモして営業に役立てる方もいます。

男性は一度話したことを覚えてもらっているのは嬉しいものです。

メモしたほうが良い情報

趣味や特技をメモしておくのも良いですが、お酒の好みをメモしておくのが1番効果があるかもしれません。

何飲みますか?と聞くよりは、~さんはビールですよね?と聞いたほうが普通の質問でも捉え方が変わってきます。

もしお客さまが頼むものが変わっていたとしても印象は悪くないはずです。

ドレス(衣装)・ヒール

23233

水商売なので容姿には一番気を使わなければいけません。

容姿の中でも衣装によって雰囲気がとても変わります。

ドレスはコンビニの制服なようなものなので持っていないとお店からの印象も良くないです。

何よりも今すぐにでも働けるという意思表示にもなるのでやる気が伝わります。

ドレスは流行りなどもあるので細かいチェックも必要です。

私服と一緒で自分がカワイイと思ったデザインの衣装を着た方が内面的にも上がります。

接客業なのでモチベーションはとても大切です。

1着は自分が気に入ったお衣装を持っておくのが良いと思います。

ドレスを使って営業

お客様と同伴などをしたときにプレゼントで貰うのにドレスはとても効果があります。

自分がプレゼントしているものを使ってもらっているのは男性も女性でも嬉しいものです。

またお店に行こうと思ってくれるきっかけにつながると思います。

店舗にあるレンタル衣装について

基本的に、どこのお店も衣装をレンタルすることは可能です。

ですがお店がオープン当時に用意されたものが多いのでデザインが古かったり、保存状態がよくなかったりします。

直接肌に触れるものなので毎回クリーニングにお店は出しています。

そのためレンタル代がかかってしまうこともあります。

継続して借りれば1着買えるぐらいにはなってしまうでしょう。

ヒールのレンタルに関しては洗ったりすることが出来ないため履き回しになってしまいます。

名刺入れ

5664544

お客さんから貰っ名刺を保管したりすることに使います。

お客様に自分の源氏名や連絡先の書いてある名刺を保管するにも使えます。

名刺入れは今の時代持っている方は多くはないと思います。

その中で持っていることでお店からはいい印象に繋がります。

まとめ

698745

普通のお昼の一般企業に比べれば、キャバクラの面接は厳しくはありません。

ただ、一般企業のようにただ愛想も無しに話していては受かりません。

お店の基準が高ければ高いほど面接は厳しくなります。

過去の経験が無い方や、話があまり得意ではない人は誰でも出来る最低限の持ち物は用意しておきましょう。

過去の経験も大事ではありますが、お店側へアピールできるのはそのときの自分です。

話が出来なくても持っているものでやる気をアピールすることも可能になります。

お店側もサポートをする身になるのでやる気がある人間のほうが採用したいと思うものです。

 

  • LINK
  • - OFFICIAL SITE -
  • キャバクラ紹介プロダクションJanEL
  • 全国いつでもどこでも!キャバクラ派遣のJewels
  • 全額費払い!キャバクラ・ホスト専門ヘアメイク派遣JOENN
  • - BLOG -
  • ジャネルブログ
  • ジョエンブログ