子持ちでもキャバクラで働けますか?

4

今の時代、子供がいても共働きの家庭が多く見られます。

そんな中様々なお仕事がある中でキャバ嬢をやっている方も少なくはないです。

子持ちでキャバクラで働くことは選んだ方のメリット、デメリットをまとめました。

キャバクラメリット

2

子持ちでキャバクラで働くことを選んだ方のメリットと思ってることをまとめました。

高収入

3

何よりも働くなら稼げるかどうかが重要になってきます。

自分ひとりで生活するのであれば普通のアルバイトでギリギリ生きていくことは出来ます。

子持ちになると普通のパートなどで長く働いても限界があります。

お金はいくら稼いでも多くあることに損はありません。

お店にもよりますが時給相場はおよそ3000円前後です。

単純計算ですがコンビニのアルバイトが時給1000円に対して約3倍です。

真面目にキャバクラで働いていればある程度生活に余裕は出てくると思います。

子供にも少し裕福をさせて上げることも可能だと思います。

バックシステム

キャバクラでは時給だけでも稼ぐことは出来ますがそれ以外に自分の頑張り次第でプラスでお給料になるものがあります。

それがバックシステムです。

バックには様々な種類が御座います。

ドリンクバック、ボトルバック、場内バック、指名バック、同伴バックなど。

お店によっては出勤日数がある規定の数を超えると精勤手当があるところもあります。

本気で稼いでるキャバ嬢はどちらかというとこのバックで稼いでいます。

もちろん、楽に稼げるわけではなく自分の頑張りがそのまま給料に反映されます。

頑張っていない方は時給も下げられてしまうこともあります。

毎日お酒

4

お酒が大好きという方にはぴったりの仕事がキャバ嬢です。

お酒が毎日無料で飲むことがキャバ嬢なら可能です。

日々の鬱憤をただでお酒を飲んでお金がもらえる仕事なんて世の中にキャバクラしかありません。

学歴不問

5

いまの時代仕事の面接などは目に見えるもので判断されるものです。

学歴や職歴などが判断材料になります。

普通のお昼のお仕事に就職しようとしても難しい世の中です。

そんな中、キャバクラでは過去のことなど一切関係なく働くことができます。

早くに子供を授かり社会経験が全くないという方でも問題ございません。

ある程度、人としての一般常識があれば大丈夫です。

シフト調整

1

お昼のお仕事を始める場合、基本週2か週1で休みになります。

キャバクラでは時期にもよりますが基本週3日以上でれば大丈夫なお店が多いです。

中には週1でも働けるというお店もあります。

お子様がいる家庭では働く時間を指定できるのは大変嬉しいことです。

自分次第で子供との時間を増やせることが可能になります。

もちろん自分の時間を1番に考えたい人などもキャバクラでは調整がしやすいです。

出勤が少ない。。

出勤が少ないということは自分の売上を作る日が少ないという意味にもなります。

キャバクラでは売上を作れない人へ毎回高時給を払っていては潰れてしまいます。

深い話にもなりますがお店にはそれぞれ給料システムがあります。

どこのお店でも売上がない方へ高時給を払うというシステムはありません。

最低限普通に出勤して仕事をしていれば達成できるものです。

キャバクラデメリット

2

メリットばかりでは世の中の女性がみんなキャバ嬢になってしまいます。

現場の子持ちキャバ嬢さんの声も取り入れながらまとめたものです。

高収入が危ない

メリットでもある高収入ですが悪魔で子供と生活するために働いています。

その中で自分自身にお金を使ってしまい生活水準を上げてしまう。

そうするとキャバクラだけではお金が足りなくなり風俗関係も始めたりする方も多いようです。

旦那より稼ぐ、関係性

シングルマザーであれば心配はありませんが共働きの方には注意が必要です。

キャバ嬢の平均月収は出勤日数にもよりますが約30万ほどと言われております。

旦那さんより稼いでしまうのは一家の大黒柱として立場がありません。

そこまでお互いに鑑賞しあわないような関係であれば問題ないかもしれませんが

そんなに上手くいかないのが結婚というものです。

生活リズム崩壊

1

お店にもよって営業時間は変わりますが多くのお店が朝まで営業しています。

寝る時間が太陽が上がってる時間になってしまうので世間一般的な活動時間とは異なるので行動も限られてしまいます。

子供との時間も常に眠い状態で接することは辛いです。

対策として自分で最低限、決めた時間に起きることなど時間のルールを決めることです。

ママ友達からの偏見

2

子供がいればママ友達との付き合いは大変重要になってきます。

集まりなども毎回断るなどしているとなんの仕事をしているかなど探られてキャバクラで働いてることがバレてしまいます。

世間的にはまだキャバクラで働くことに偏見を持っている方が多くいます。

特に子供がいるのにキャバクラで働いてるとなると育児はしっかり出来ているのかなど心配されることもあります。

綺麗で目立つ

実際に現役キャバ嬢で子供がいるかたで子供たちから美人なママと噂されることもあるそうです。

容姿が大事な世界になるので女性としての魅力も意識が高くいられるそうです。

まとめ

子供がいてキャバクラで働くということで様々な困難があります。

メリット、デメリットそれぞれをほどよく活かして働くことがオススメです。

子供を第一に考えて無理のない範囲で働けるお店を見つけましょう。

キャバクラでは在籍ではなくても派遣というのがあり自分の好きな時間に自由にシフトを組めるサイトがあります。

アルバイト感覚で高時給をもらえるのでお子様がいるかたでも使いやすいと多く声を頂いております。

 

  • LINK
  • - OFFICIAL SITE -
  • キャバクラ紹介プロダクションJanEL
  • 全国いつでもどこでも!キャバクラ派遣のJewels
  • 全額費払い!キャバクラ・ホスト専門ヘアメイク派遣JOENN
  • - BLOG -
  • ジャネルブログ
  • ジョエンブログ